障害・医学・教育研究会誌
(論文内容全文参照希望の方はこのリンクを使用して下さい。また、全文参照は研究会関係者の方に限らせて頂きます。)

Vol.1(1997年度)

1.子どもの権利条約
2.ナチス障害者「安楽死」計画とその背景
3. 注意欠陥・多動性障害(ADHD)のある子どもの理解と教育について
4.心のバリアーフリーに向けての障害学の一考察
5.頭部外傷の高次脳機能障害ー前頭葉症候群を中心とした一考察ー
Vol.2(2000年度)
1. ADHDって何だろう?p1-25
2.障害児に対する音楽療法研究 p1-28(p26-53)
3. 障害児教育における「コミュニケーションの視点」に関する一考察 p1-21(p54-74)
4. 障害児教育における教育と医療と保護者との連携についての研究 p1-32(p75-106)
5.虐待ーなぜ起こるのかー


Vol.3(2001年度)

1. 強迫神経症の病態と治療の歴史的変遷と展望p1-13
2. 神奈川県における特殊教育の過去と現在、そして新たな展望へ向けてp14-35
3.自閉症児の理解と支援〜通常級担任がもつべき知識〜p36-p68 
4. 3.の補足論文:自閉症の精神病理学的一考察ーテンプル・グランディン「thinking in pictures」(日本語 訳題名「自閉症の才能開発」)を読んでーp69-74
5. 少年非行に関する研究 p1-53(p88-140)
6. 神奈川県の養護学校における地域支援の実態と今後についての研究 p141-197
7. 学校における医療的ケアの課題 〜ケア担当者に関する議論と教育-医療の連携〜 p198-203
8 . 障害児の地域サポートについての研究ー横浜市の療育システムに焦点をあててー p204-236
9 .クラスのなかの気になる子どもー「特別な支援を必要とする子ども」に関する研究 p237-256
10.男と女の社会学ー生物学にもとづいたジェンダー論ー

Correspondence

Book Review

自閉症の精神病理ーテンプル・グランディン「自閉症の才能開発」(thinking in pictures)


Vol.4(2002年度)


1. アメリカの知的障害者処遇の歴史とその背景に関する研究p1-39
2. アメリカ精神医学の大いなる転向ーDSMーVの成立に関する研究ー p40-55
3. 自閉症者の心と行動の理解とその支援について-認知科学と脳科学を基礎にして p56-84
4. 教育に関する一考察ー今日の教育が抱える問題を、教育の源流に立ち返って考えるーp85-133
5. 養護教諭の歴史とアイデンティティに関する研究ー養護概念の変遷の検討を中心にーp134-198
6. アメリカのIEPに関する研究 −日本での応用を考慮して−p199-257
7. 症例ワーグナーの脳所見解釈と精神分裂病の神経発達障害仮説に関する最近の知見p258-260

Correspondence                                                 
Book Review
  バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)「教育論」
  酒井邦嘉「言語の脳科学」     
  ジェイ・イングラム「脳の中のワンダーランド」The Burning Houseを読んで-左半側空間無視と幻肢に焦点をあててー  
  PTSDに関する研究のためにーアラン・ヤング著「PTSDの医療人類学」を読むー 
Experience
 
横浜リハビリテーションセンター
  神奈川県総合療育相談センター
  横浜市養護教育相談センター


Vol.5(2003年度)

         1.認知療法に関する研究
         2.福祉国家の社会と経済
         3.人間と音楽活動のかかわりについての考察 
         4.これからの通常学級の指導のあり方についての研究
         5. これからの特別支援教育の在り方について−横浜市の小学校を例にして−

Correspondence 
脳と情動と記憶の関係についての脳科学的所見
Book Review

Vol.6(2004年度)

         1.障害者・高齢者の住環境に関する研究
         2.トゥレット症候群に関する研究
         3.精神医学の歴史的研究
         4.『優生学』に関する試論
         5.近代障害児教育史―ドイツ治療教育学と補助学校体制が日本の障害児教育に及ぼした影響―
         6.障害児教育の最近の動向
         7.自閉症の理解と支援のあり方について
         8. 子どもの描画を読む
         9.学校教育における音楽療法の活用について―知的障害養護学校を中心に―
         10.自閉症スペクトラムの研究
         11.自閉症スペクトラムの治療法

        Correspondence 
          
          都市におけるユニバーサルデザイン
          「発達障害」という用語の定義

        Experience  
        
          英国の教育心理士制度を視察して

        

Book Review
Vol.7(2005年度)
1.北欧福祉国家に関する研究ーデンマークにみた平らな意識と高い幸福感ー
2.自閉症裁判―レッサーパンダ帽男の罪と罰―」に関する一考察
3.早期教育に関する研究―モンテッソーリ教育に学ぶー
4.ICF(国際生活機能分類)に関する研究ーその歴史的経緯と現状をめぐって-
5.パーソナリティ障害に関する研究
6.各国における障害児への教育支援ー子どもの教育的ニーズと適切な支援を求めてー
7.認知症に関する研究(解説論文)
8.障害者福祉に関する一研究ー障害者福祉の過去と現状ー
9 .自閉症スペクトラムの子どもたちへの理解と支援-人との関係から心の育ちを考える-
Correspondence 
Book Review
Vol.8(2006年度)

1. 知的障害児の教育と福祉の歴史と現状ーアメリカの障害児教育・福祉のと日本の自立支援法に焦点を当ててー
2.. アスペルガー症候群に関する研究〜その歴史的変遷を追って〜
3.アメリカにおける知的障害の定義の変遷
4.知的障害児教育の歴史について〜世界と日本の流れから今日の課題を探る〜
5.人間の言語獲得と学習に関する研究

Book Review

       Vol.9(2007年度)

        1.これからの日本の教育のあり方ーフィンランドの教育を参考にしてー
        2.フィンセント・ファン・ゴッホをめぐる病跡学的言説についてーその諸研究と大衆化の背景ー
        3. .広汎性発達障害の概念に関する研究 ―カナーとアスペルガー―
        
        Vol.10(2008年度)

        1.「軽度知的障害者の教育に関する研究」―米国とオーストラリアを参考にして―
        2.優生思想と断種の歴史〜知的障害者の生殖への権利〜
        3.「アスペルガー症候群に関する研究」―その歴史的変遷を追って―

Book Review

        
       

 [papers]